ユースリーには、売る「物」はなく、人を介した「サービス」があるだけです。

そこで、人材育成に力を入れています。

12月上旬には、キャリアカウンセラー 池元先生を招いての

「リーダー研修」にて

「コミュニケーションが取れている状態とは??」

など、思考を深めていく作業を行っています。

「コミュニケーションは問題ない」と思っていても

「では、注意をするなどネガティブな事もしっかりと言えていますか?」と

「・・・」

そう、コミュニケーションが取れている状態とは、いい事も悪い事も

相手に届けられて、相手からも受け取れる状態を指している。

その為には・・・

リーダー全員、自分を振り返る時間になりました。

また12月下旬には、コロナウイルス感染レベル3に上がった事を受け、

ZOOMにて、「ACPを考えよう」というテーマで主任清水による研修会が開催されました。

ACPの定義

「こうする」と決めていても、揺れ動く気持ちを受け止める重要性

など、私達訪問看護ステーションに必要な事を伝えてくれました。

これからも、ユースリー陽の出訪問看護ステーションは、

在宅限界点を上げるために、一歩ずつ前に進んで行きます。